一人ひとりが自分の喜びとお客様の喜びを
ものづくりを通じてかなえ続けます。

有限会社 寿木工

  • アクセス
  • 採用情報
  • お問合せ

ブログ

社員インタビュー7(広瀬工場製造課完成班班長多村)

社員インタビュー第7弾となります本日は

広瀬工場製造課完成班班長多村のインタビューの模様を紹介します。

 

 

〈プロフィール〉

出身地:呉市安浦

年齢:38歳

学生時代の部活動:バドミントン部

勤続年数:16年

趣味:温泉巡り

 

Q「寿木工に入社したきっかけは何でしたか?」

多村「寿木工を知ったきっかけは

派遣会社に紹介されたことでした。

 

学生時代にインテリアの製作を行っていたこともあり、

モノづくりが好きなので、

入社を決意しました。

途中で正社員になり

これまで16年間続けてきました。」

 

Q「自分の仕事について教えてください」

多村「完成班は加工後から梱包までを担当していて

私は最終工程の完成検査と

全体の指示を担当しています。

 

完成検査では

お客様にいいモノを出すことを意識して

出来上がった製品全ての

寸法や傷の確認をしています。

 

Q「仕事で苦労したことを教えてください」

多村「部下7人のうち、2人が中国人で

日本語を結構喋れるのですが、

ちょっとしたことが通じていないことがあります。

相手が日本人でもそうなのですが、

返事があっても、理解してもらえたのかどうか

確認する必要があると感じました。」

 

Q「どんな人と一緒に働きたいと思いますか」

多村「真面目で元気な人と働きたいです。

完成班のメンバーは寡黙で仕事を淡々とこなす

職人気質な人が多いので、

同じような人なら居心地がいいと思います。

 

モノづくりが好きで、

機械に興味がある人ならより嬉しいです。」

 

Q「最後にひとことお願いします」

多村「計画された量を計画された時間までに

終わらせられるととても嬉しいです。

 

そのためにも、

人員配置やコミュニケーションを

きちんと行っていきます。」

 

 

「多村班長、ありがとうございました。」

 

次回も社員インタビューの模様をお届けします。

社員インタビュー6(白坂工場管理課主任黒田)

社員インタビュー第6弾となります本日は

白坂工場管理課主任黒田のインタビューの模様を紹介します。

 

〈プロフィール〉

出身地:東広島市西条

年齢:32歳

学生時代の部活動:野球部

勤続年数:10年目

趣味:ゴルフ

 

Q「寿木工に入社したきっかけは何でしたか?」

黒田「元々は義理の兄の紹介で寿木工を知りました。

会社訪問をした際に社長と話す機会があり

そこで社長の考え方に賛同し、

ここなら自分も成長できると思い

入社を決意しました。

 

友達は大手を受けていましたが、

私は自分の成長できる会社を求めていました。

そして今の会社を見つけ出すことができました。」

 

Q「自分の仕事についてどう思いますか?」

黒田「現在私は管理課として

事務員の方々と協力しながら

経理関係や財務関係、残業時間の管理など

とにかく数字を見る仕事をしています。

 

社長が出した目標に対して

何をどれくらい達成すればいいか考えるのは

非常に楽しいです。

もっと数字をよくできる所はないか

常に考えています。

Q「どんな人と一緒に働きたいと思いますか」

黒田「何事もポジティブな人と働きたいです。

今のことにとらわれず、

疑問を持ち、行動できる人、

そして感謝の気持ちを常に持って

働ける人と働きたいですね。」

 

Q「プライベートについて教えてください。」

黒田「社長や工場長にゴルフに連れて行ってもらいます。

入社当時に教えてもらい、

現在はアベレージ90くらいにはなりましたが

社長にはまだ1回しか勝ったことがないので

もっと行く頻度をあげたいです。」

Q「最後にひとことお願いします」

黒田:今の時代は

どんな人でも働けるような会社こそ

魅力的だと思います。

スキルや経験が必要なテクニカルな仕事を

誰でもできるようなシンプルな仕事に変えたいです。

 

そのためにも、無駄な部分を見極めて

しっかり現場改善をしていきます。」

 

 

「黒田主任、ありがとうございました。」

 

次回も社員インタビューの模様をお届けします。

 

jobway2020 広島県就職情報誌

新年を迎えて

新卒採用を強く意識する時期になりました。

 

弊社は、

広島県中小企業家同友会が行っている

「jobway」に毎年参加しています。

 

jobwayは中小企業で新卒採用をしたい

と考えている会社が登録しているサイトで

大手求人ナビとは違い、

中小企業のみを集約しているのが特徴です。

 

2020年版のこちらの情報誌で

弊社代表の住岡が

ここ数年の中小企業の採用状況について

コメントをしています。

ここ数年の法改正で

労働環境の改善が急務になりました。

 

社長や幹部だけでなく

現場の私たちも

生産性の向上と労働環境の改善のため

小さなことから行動していきます。

【謹賀新年】2020年もよろしくお願いします。

新年あけましておめでとうございます。

 

本年も

「世に必要とされる企業を目指し

人に必要とされる人間を目指す」ため

邁進して参りますので

よろしくお願い致します。

こちらは班長の原田の祖父様が

毎年干支にちなんで書いてくれる賀正の絵です。

 

いつも社内で掲載しており、こうやって毎年書いてただけるので

ありがたい限りです。

社員の親族の方がこうやって当社のために書いていただけるのは嬉しいですね。

 

さて、ご報告が遅れましたが、

昨年も忘年会を行いました。

大掃除を終えて集まり、一年のお疲れ様会です。

 

普段なかなか話ができない人とも

話すことができました。

 

仕事以外で社員が一堂に集まる時間は

貴重だなと改めて感じました。

 

当社らしいワイワイガヤガヤした忘年会を開催することができました。

 

忘年会終了後には希望者で二次会も行われました。

1年の締め括りということで

二次会も非常に盛り上がりました。

その分次の日の疲労感もすごかったですが。。。

 

昨年は大きな事故もなく

無事年越しを迎えることができました。

本当に周りの方々に恵まれています。

ありがとうございました。

 

本年も、皆様のお役に立てるよう努めて参ります。

 

改めまして、本年もよろしくお願いします。

社員インタビュー5(白坂工場製造課完成班班長石本)

社員インタビュー第5弾となります本日は

白坂工場製造課完成班班長石本のインタビューの模様を紹介します。

 

〈プロフィール〉

出身地:広島市

年齢:40歳

勤続年数:4年目

趣味:釣り

(インタビュー当日も、退社後にイカ釣りに行ったそうです。)

 

Q「寿木工に入社したきっかけは何でしたか?」

石本「元は寿木工と取引のある製造会社で働いていましたが、

工場が香川に移転することになりました。

 

広島に残りたかったのもありましたが

取引先だった寿木工にも興味があったので

入社を決意しました。

 

Q「完成班班長1年目はいかがでしたか?」

石本「前半はとにかく手探りでした。

班長になったことで、周りの人との接し方が

変わるので難しかったです。

 

下期になってからは手探りだったものが

一繋がりになった感じがしました。」

 

Q「完成班に合う人はどんな人ですか?」

石本「明るい人がいいです。

完成班は仕事の能力についてはバッチリです。

あとは班が一丸となれるような

ムードメーカーのような人が

一人いればいいなと思います。

 

Q「最近で一番苦労したことは何でしたか?」

石本「去年5Sのリーダーをやりましたが

改善案をとにかくたくさん出さないと

いけなかったので大変でした。

 

職場改善自体は前の職場でもやってましたし

家でも嫁子供のために棚を作ったりするので

結構好きです。

むしろ家の方が納期が厳しいです(笑)

Q「最後にひとことお願いします」

石本「仕事をやるからには

もっと責任のある仕事がしたいと思います。

 

上から任された仕事に加えて

自分が好きな現場改善で

周りの人に認めてもらえるよう

これからも頑張ります。」

 

「石本班長、ありがとうございました。」

 

次回も社員インタビューの模様をお届けします。

 

中堅社員研修2019

先日、中小企業家同友会呉支部で

2日間に渡って中堅社員研修が行われました。

 

総勢8社12名が参加しましたこのイベントに

弊社からは

白坂工場製造課プレス班班長の原田と

白坂工場管理課主任の黒田が

参加いたしました。

 

本日は中堅社員研修の様子を紹介します。

 

本研修では、

「次のステップに進もう」をテーマに

 

①同世代の社員さんどうしの交流を通じて、

共に次のリーダーへと成長する

②社員レベルのネットワークを作る

③モチベーションをあげスキルアップにつなげる

 

という3つを目的にしています。

 

任される仕事が増え、

後輩や部下との関係など

新人の頃とは違う悩みを抱えている

25〜35歳の中堅社員が

 

過去を振り返り、現在と未来の

自分のありたい姿を明確にさせること

 

そして、同じ時期の悩みを持つ者同士

お互い刺激を与え合うことで

自社を牽引する主体者として

成長する機会を作る

 

という狙いがあります。

実際の研修内容としましては、

 

(有)第一コンサルティング・オブ・ビジネス

丸山 博 氏による

働くとは何か?

マネジメントに必要なことは何か?

モチベーションを高める方法はどんなものがあるのか?

といった内容の講義を行いました。

 

講義内容について

グループ討論やワークを行う時間もあり

参加者はお互いの意見を率直にぶつけ合い

会場はとても活気がありました。

 

中堅社員研修の2日間を終えて

黒田は

 

「私は、今の自分に満足せず、

可能性は無限大にあることを信じ

より考えより欲深く物事を捉えながら働きます」

 

と語っていました。

 

また原田は

 

「自分が自分の得意なことで会社の役に立てるよう、

日々考えながら仕事を行なっていきます。

それにより、

他者と自分両方の幸福に繋がっていくと思います。」

 

と語っていました。

 

 

毎日の業務だけでは

気付けないこと、学べないことは

たくさんあると思います。

 

そういった普段得られない経験を得るために

弊社では社員を研修に送り出す機会を設けています。

 

また今回の中堅社員研修のように、

社員の成長する研修に参加し

人間としての成長、社会人としての成長ができるような

場に積極的に参加していこうと思います。

社員インタビュー4(白坂工場製造課プレス班班長原田)

社員インタビュー第4弾となります本日は

白坂工場製造課プレス班班長原田のインタビューの模様を紹介します。

 

〈プロフィール〉

出身地:東広島市安芸津町

年齢:32歳

学生時代の部活動:野球部

勤続年数:約13年

趣味:スノーボード

(昨年は8回、一昨年は20回滑りに行ったそうです。)

 

Q「寿木工に入社したきっかけは何でしたか?」

原田「出身が安芸津なこともあり、

知り合いが何人か寿木工で働いていたので

入社を決意しました。

 

就活時に他社をあまり見ませんでしたが

全く後悔はしていません。」

 

Q「今までで1番失敗したエピソードを聞かせてください」

原田「今から5年前、僕がちょうど班長になったばかりの頃に

自分の班でメンバーが怪我をしました。

手を少し切ったくらいで、大事には至りませんでしたが

本当に怖かったです。

あれから怪我に対する意識が強くなったと思います。」

 

Q「プレス班に合う人はどんな人ですか?」

原田「自分からガンガン意見を言う人がいいです。

YESマンというよりは、疑問を持ったら

『ここどうなってるんですか!』って聞いてくる人の方が

向いてると思います。

 

Q「社内で尊敬する人は?」

原田「社長ですね。

朝は早くて帰りは遅いですし、

社外に飛び出してはいろんな人と話をしてくるし

すごい体力だと思います。

 

一般的な社長のイメージは分からないですが、

うちの社長は話しやすいです。

休憩時間とかによく話しかけてくれますし、

あと月一回各責任者と1対1で昼ご飯の弁当を食べたりするので。

Q「最後にひとことお願いします」

原田「業務改善の結果、

僕が働き始めた頃は1日半以上かけていた作業が

1日で終わるようになりました。

今後も班長として現場改善を続けていきます。

 

「原田班長、ありがとうございました。」

 

次回も社員インタビューの模様をお届けします。

 

社員インタビュー3 (白坂工場製造課課長川西)

社員インタビュー第3弾となります本日は

白坂工場製造課課長川西のインタビューの模様を紹介します。

〈プロフィール〉

出身地:東広島市安芸津町

年齢:39歳

学生時代の部活動:卓球部

勤続年数:約16年

 

Q「仕事をする上で意識していることは何ですか?」

川西「休憩時間などに普段あまりコミュニケーションを

取れていない人をターゲットにして話しかけに行きます。

仕事の話もしますが、できるだけ仕事と関係ない

プライベートの話をするようにしています。

 

社長が普段からこまめに話しかけてくれるので、

同じようにしているのかもしれません。」

 

Q「どんなところにやりがいを感じますか?」

川西「僕は白坂工場全体の生産状況を確認したり、

生産性を上げるために施策を打つのが仕事なので

定時の段階で予定通りの数が生産できていると嬉しいです。」

Q「川西さんが思う寿木工の魅力とは?」

川西「社員の提案や意見がきちんと反映されるところです。

自分が作業工程の変更などを提案するときも

採用してもらえることが多いです。

 

もう一つは、社長が経営計画発表会などの場で、

何をやるかきちんと宣言するところです。

僕はこれが当たり前だと思っていましたが、

友人からすごいとか、珍しいとか言われて

初めてすごさに気付きました。」

 

Q「プライベートはどのように過ごされていますか?」

川西「土日は基本外にいます。

キャンプをしたり山登りをしたり

アウトドアな趣味が多いです。

 

逆に平日は家で本を読んでいます。

ホリエモンの本はほとんど読みました。

 

あと2.3ヶ月に一回

インスピレーションを得るために関西に旅行に行きます。」

Q「最後にひとことお願いします」

川西「入社当時からこれまで苦難もいっぱいありましたが

その分、乗り越えたことへの達成感があり

メンバーとの一体感も芽生えました。

あの頃頑張って本当によかったと思います。」

 

「川西課長、ありがとうございました。」

 

次回は白坂工場製造課プレス班班長原田のインタビューを行います。

ぜひご覧ください。

社員インタビュー2 (広瀬工場製造課課長角原)

先日に引き続き

弊社寿木工にはどんな社員が働いているのか

どんな働き方をしているのかを

改めて確認するため

社員インタビューを行いました。

 

本日は広瀬工場製造課課長角原のインタビューの模様を紹介します。

〈プロフィール〉

出身地:東広島市安芸津町

年齢:43歳

学生時代の部活動:野球部

勤続年数:約20年

 

Q「寿木工に入社した経緯を教えてください。」

角原「以前も木工関係の会社で、家具の製造をしていました

その会社がたたむことになり、

その際に安芸津の地域の方に紹介されたのが『寿木工』でした。」

 

Q「どんなところにやりがいを感じますか?」

角原「プレス班と完成班でそれぞれ異なります。

プレス班は型番や作業標準を見ながら、

どの刃物をどの位置で使うかミリ単位で考えなければいけないのですが

うまくはまると気持ちいいです。

 

完成班はスピードが目に見えるところが良いです。

サイクルタイムと言って1つの作業にどれだけ時間がかかったか

その場で見えるようになっていて

自分の改善でこれだけ早くなったというのが分かると

嬉しいです。」

Q「どんな人と一緒に働きたいと思いますか」

角原「体力があって、寿木工のものづくりに興味を持っている人です。

どの作業も、自分で考えて変化を加えて

うまくいったときの面白さを感じて欲しいです。」

 

Q「最後にひとことお願いします」

角原「やらされている感で働くより、

興味を持って働いた方が絶対楽しいです。」

なので作業に興味を持って

自分から積極的にどんどん聞いてほしいと思います。」

 

「角原課長、ありがとうございました。」

次回は白坂工場にて製造課課長川西のインタビューを行います。

ぜひご覧ください。

社員インタビュー (広瀬工場管理課課長中山)

採用を行うにあたり

弊社寿木工にはどんな社員が働いているのか

どんな働き方をしているのかを

改めて確認するため

社員インタビューを行いました。

 

本日は広瀬工場管理課課長中山のインタビューの模様を紹介します。

〈プロフィール〉

出身地:東広島市安芸津町

年齢:45歳

学生時代の部活動:サッカー部

勤続年数:10年

 

Q「寿木工に入社した経緯を教えてください。」

中山「元々はゼネコンで施工管理や営業をやってました

その会社を辞めた後、地元安芸津の工場で働きたいと思い

『寿木工』という名前も聞いたことがあったので入社を決めました。」

 

Q「どんなところにやりがいを感じますか?」

中山「大きな会社ではないので、多少自分に影響力があることですね。

自分がこういう風に変えたいと思えばわりと実現できますし

自分の案がうまくいくとやはり嬉しいです。

そういうところがここの仕事の楽しさだと思います。」

Q「どんな人と一緒に働きたいと思いますか」

中山「気遣いまではできなくても大丈夫なので

自分の行動が周りにも影響を与えるという事を

きちんと理解できている人です。

もちろん仕事がうまくいかないときは仕方ないですが

チームの一員であるということは意識してほしいと思います。」

 

Q「最後にひとことお願いします」

中山「仕事をするにあたり、

楽しいと楽(らく)を履き違えて欲しくないです。

楽なことよりもむしろ厳しいことの方が

やり終えたとき楽しいと感じるものなので」

 

「中山課長、ありがとうございました。」

次回は製造課課長角原にインタビューを行います。

ぜひご覧ください。

 

ページの先頭へ